TransportNetworkBlog

TransportNetwork管理人による、鉄道・交通関係・街おこしなどに関するブログ…のはず。写真関係は関連ブログにて更新しています。

関連サイト
「TransportNetwork」http://transnet.client.jp/

2005年の防府。

部:「あけおめ〜」
ミ:「ことよろっ」
部:「…合言葉みたいですね」
ミ:「2005年ですよ、気づけば」
部:「…気づいたらテレ東のカウントダウンコンサートの曲が終わっていた…(涙)」
ミ:「曲が悪いですよねえ、ボレロ」
部:「曲のメロディーは2パターンしかない。オーケストラは結構気を使うそうですよ」
ミ:「いまどこか分からなくならないんですかね」
部:「多分それはないんじゃないかなあ。メロディーは同じでも、演奏する楽器がメロディーの区切りごとに変わるから」
ミ:「…先輩のように途中で寝ちゃった人はいないんですかね」
部:「でも、ミナミちゃんも酷いよねえ。隣にいながらにして起こしてくれないだなんて」
ミ:「だって、先輩の寝顔がかわいいんですからあ〜」
部:「…そう言われるとまあ、しょうがないかあ〜」
ミ:「それより、どうするんです。まずは雪かきしないと」
部:「寒いから、もう少しあったまってから、ね」

〜〜〜
改めて、あけましておめでとうございます。広報部長です。…えっ?タイトルの「ほうふ」が異なる!?…いいんです、これで。だって、「防府」と言えば山口県の地名ですから。…今も防府市でいいんだっけ?時刻表には一応「防府」の文字はあるんだけれど…。「新山口」ってもともとなんでしたっけねえ?(といって調べる)…あ、小郡か!
山口県。突然話が山口に飛ぶんですが(京王高尾線の終点ではない)、山口で行ったことがある場所。「錦帯橋」「錦町」「秋芳洞」の3つ。あとは福岡への通過点ですよ。山陽自動車道と中国自動車道の接続点へ来ると、「九州ももうすぐだなあ」と思うわけです。有名どころかどうか知りませんが、「宇部興産専用道路」という、セメント会社所有の道路があるんですよ。しかも高速道路顔負けの立派な4車線道路。手元に資料がないのでどの辺だったか覚えていないのですが(多分、美祢のあたりじゃないかなあ?)、結構好きだったりします。はい。
あとはやっぱり関門橋でしょう。瀬戸大橋と並び評されてもいいくらいの立派なつり橋。こないだ湾岸署が封鎖したとかしないとかでお馴染みの「虹の大橋」とか、高速バスの時間短縮には役に立った「東京湾上道路」なんかとは異なるんですよね。関門橋の場合は、本当に短いんですが、その前にあるパーキングエリアで食事を取ったり休憩したりすることが多かったので、何かと思い出深き橋ではあります。
…秋芳洞は修学旅行で行ったんですが、雨がすごかったんですよ(雨男は誰だ!?)。そのため、洞内の水位がかなり上昇していたのですが、それがかえって印象深くなった気がします。もう一度行きたい場所かもしれませんね。

ということで、「豊富」…じゃない「抱負」を語るよりも「防府」を語るほうが、話題が「豊富」な広報部長でした。…上手く締まったかな?

あけましておめでたうございます。

明けましておめでたうございます。広報部長です。
別にいつものスタートでもいいのですが、それよりもちゃんとお知らせしなきゃならないことがあるようでございます。

…うちの読売新聞によると、1/2・3の正午から午後2時まで「おさかな特番」があるとのこと。…知らんかった(滝汗)。その関係で、ラジオNIKKEIのページを見たところ、webマスター様がブログなんてはじめておられます(そのなかには「何故ラジオを聞かなくなったか」といったような某●越×太郎氏もびっくりな話もありますし…)。

ラジオを聞かなくなった理由。「ラジオ関連」であるはずのこのページで「私がラジオNIKKEIを聞かなくなった理由」を述べるのも変な話ですが、いくつか思い当たるふしがあるので紹介。
・聞く番組がない(→常時つけておくほどの番組がない。医療・株などに特化したことの裏返し?)
・昨年3月でCS放送が終了してしまい、予約録画・録音が出来る環境にない(→たんぱラジオはあるのでとりあえず放送は聞けるけれど、当該時間に自宅にいない場合などに番組が聴けなくなり、それによって自宅にいるときでさえ「ラジオを聞く」習慣が途切れてしまう)
・番組に関する情報がないこと(→ラジオ番組がそれぞれ孤立していて、その番組を聴いたらラジオを切る、という傾向にあるため?)

個人的には「ラジオがなくても差しさわりが大してない」ことだったりするのかもしれないですね。…もっとも、私の場合「熱狂的ファン」ではないのかもしれないので(…番組のファンであるのは確かなんだろうけれど、そのパーソナリティーのファンであるかとなると、?がつくような気がする…)。もしかすると、こういう層を取り込むことが一番肝心だったりするのかなあ?

〜〜〜
ええっと、いつもの馬鹿コメントは夜やります。とりあえず、そういう放送があるということで告知代わりに…。それでは。

年内最後の書き込みでの重大発言

ミ:「…寒いですね」
部:「こういう時はね、二人で温かい鍋でもつつきながら、紅白を見るっていうのがしきたりなの」
ミ:「…でも、年末年始のテレビってつまらないですよね」
部:「今日なんか雪が積もっているからCSアンテナが埋まってしまってCSが見られないし」
ミ:「しょうがないからビデオ見ながら年越しそばですね」
部:「今年1年本当にありがとうございました。来年もよろしくお願いしますね」
ミ:「こちらこそ、よろしく」

〜〜〜
…雪ですよ、雪。外を見るともうとっくのとうに日が落ちたはずなのに空がこうこうと光っている…いやですねえ。
ここで仮発表しますが、多分間違いなく「のりものネット」運営休止というニュースを発表することになるかと思います。正式発表は当面先ですが(その間に気が変わるかもしれないし)、廃止時期は2月末か3月末…要するに、「あさかぜ・さくら廃止」に合わせるか「名鉄路面電車線廃止」に合わせるかの差なんですけれどね。現状を考えると、これ以上の運営負担はきついのではないかと感じております。リスナー内部からの協力がほぼ皆無である以上(それでもご協力していただいた皆様、ありがとうございます)、運営を続けるには限界があるようです。

「のりものネット」に関しては、後継者がいればそのかたへ引継ぎをする、そうでなければ一部のコーナーを除いて閉鎖という段取りになります(一部のコーナーは、個人ページでの運営となります)。

〜〜〜
お正月明けに正式発表、関係者の連絡などの段階を踏んでから、2005年3月末までに閉鎖となります。別館についても、内容を整理した上で個人ページへ統合となります。
一応、最大の問題が「超」人気コーナーの「のりものtopics」の扱いをどうするか、ということ。案としては、「ニュースソースを表示(リンク)しながら感想や意見を書く」という新しい形を取るか、従来どおりのページ構成にするか、といったあたりですね。別に個人ページに関してはアクセス数を延ばさんでも良いわけですが…(笑)。自己完結的な趣味ページに特化するのもありといえばありです。

まあ、そんなわけで、某番組からは事実上撤退する方針を決めたことを案内して、とりあえず今日は終わりです。2005年も、引き続きよろしくお願いします。

神社の元旦祭のお手伝い。

部:「ただいまぁ〜」
ミ:「先輩、へろへろですね」
部:「やっぱりねえ、歳を取ると肩とか腰とか痛くなるもんでねえ。明日は筋肉痛じゃないかなあ」
ミ:「次の日に筋肉痛が出るならまだ十分若いです。それに、神社の準備参加の中じゃあ一番若かったんでしょ」
部:「まあ、ねえ」
ミ:「じゃあそんな年取ったとかいうとしめ縄ではたかれますよ、きっと」
部:「昼食は出たんだけど、やっぱり労働のあとの食べ物は何が出ても美味しいもんですね」
ミ:「…半日拘束で何が出たんです?」
部:「どんぶり。肉どんぶり」
ミ:「良かったじゃないですか」
部:「でも、なんかおなか空いてきた…」

〜〜〜
ということで、うちの父の代理として、神社の元旦祭の手伝いに行ってきました。神社まで歩いて15分くらいですかね。
30〜40人程度の方が集まるので、いくつがグループわけをしながら作業を進めます。私は倉庫の掃除などをしていました。ただ…埃っぽいんだ、これが(笑)。まあ、もっともその作業の大部分はもう1人の方がやって下さったわけですが(笑)。
休憩の時にはちゃんと温かい飲み物が出てきたりするわけですよ。なかなか至れりつくせりな半日でございました。

それにしても、年末はまともなテレビ番組がないですよねえ。もう少し見たくなるような番組を放送してほしいところです。年末だからバカ騒ぎするしか能がないのでしょうか。明日だって何を思ったか格闘技番組でしょ。私はまれにみるほどのスポーツ嫌い&男くさいもの嫌いですからね(笑)。もう「ハッスル」なんて聞いただけで気持ち悪くなりますし…(どうも、プロレス系の人=うるさい=気持ち悪いという図式があるらしい)。

最後に、斎藤美奈子著「男性誌探訪」というほんの話。これは、いつもお世話になっている方からいただいた本ですが、その中に鉄道雑誌「鉄道ジャーナル」について書かれている節があるんですね。読んでいてなかなか面白かった(→なかなか鋭いところを突いてきますし)。いろいろ考察なされていて、是非鉄道愛好家の方には読んでもらいたいですね。
鉄道ジャーナルは3大日本鉄道雑誌の中でも最も後発になるのですが、記事がただ単に「ファン向け」ではなくもっと広い視野から見ているんですね。前述した本にも、「レトロ趣味に逃げこまない毅然とした(っていうのかな)前向きさがある(男性誌探訪 P256)」と書いています。

なんか、最後の話はこちらに書かないほうが良かったかなあ?まあ、そういうことで今日はこの辺で。

溜池三角物語の代替となるのか!?

部:「ということで、ブログなるものを始めてみたのですよ」
ミ:「日記より字数制限があって、かえって大変じゃないんですか。無駄話できないし」
部:「文章というものはね、だらだらと書いていたらまずいの!これからはスリムに行かなきゃ」
ミ:「で、これをはじめると溜池三角物語は基本的には営業休止→公開終了、となるんでしょ」
部:「そう。さすがに内容がないまま更新を続けられない事態となりまして」
ミ:「それで、スリム化+内容一新ということになるわけですね」
部:「残りあと100時間を切ったなかでのスタート。吉と出るか、凶と出るか…」

〜〜〜
ということで、はじめましての方もいらっしゃると思いますので、改めて自己紹介…はプロフィールを見てもらうとして、前半ではテーマにちなんだ会話調の文章を、後半では通常の文章で紹介するスタイルをとって行きます。たいていはミナミちゃん(ミ)が登場しますが、そのほかにあかねちゃん(あ)、千奈っち(千)の皆様が登場することがあります。

このページ、4096文字が限界なのであまり長い文章を書けないのが難点なのですが、むしろこれからは言いたいことを短くまとめる技術が必要になりそうなので、気をつけていきたいと思います。

溜池三角物語というのは、「ビタミンラジオ」「シネマストリート」の応援ページとしてスタートしています。今回、それをこのページに集約、情報発信していこうと考えております。よろしければ、リンク先も覗いていただければ幸いです。

今後とも、当ブログをよろしくお願いします。
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
twitter
応援リンク集
もろびと こぞりて
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ