今更ですが、1/3に行われた上毛電鉄の新春イベントのプチレポートを。
朝6時半に最寄り駅を出発し、八高線経由で前橋へ向かい、そこから上毛線で大胡に着いたのが10時過ぎ。

ということで、以下写真中心のレポートです。
ちなみに、この日は栗橋でお世話になっている方もいらっしゃっていて、大変お世話になった事をまずは書いておく事にします。

e4a86705.jpg

一枚目がコレなんですが(笑)、上毛電鉄友の会のマスコットキャラの名前が「赤城いずみ」に決まったそうです。由来は言うまでもないですね~。赤城駅と上泉駅からとられているはずですねー。
(イラストは栗橋みなみイラストコンテスト大賞受賞のbalt@さん。ちなみに、母親の名前と祖母の名前が決まっているのも注目するべきポイントですかね)
※ 候補リストが上電友の会から確認できます。基本1票ずつだったみたいなのですが、「北原ぜん」に2票集まっているのは…?(ちなみに、祖母の名前が「北原ぜん」になっています)

70c0a59b.jpg

865c9989.jpg

すっかり外装は綺麗になったデハ104。今後は内装の修復を図りたいとの事。目指すは動態での復元(ですが、ものすごく費用がかかるらしい…募金だな、募金)。

b594bc6e.jpg

b4b06645.jpg

そして、今回の目玉(?)であるデキ3021の試乗会に参加。動く電気機関車なんか乗る機会は基本無いですからねー。つりかけモーターの音が結構たまらんです!(そういうあたり、改めて鉄道好きなんだなぁ、とは思う)

2ca71f85.jpg

折角なので大胡~中央前橋間をデハ101で1往復。正月だった事もあるのか、酷い混雑もなく乗れたのは幸いでした。写真は大胡駅で入庫のため入れ替え中のときのもの。

edbc102e.jpg

b06d6b9c.jpg

デハ101が戻ってきてからは、これらの車両も交えた撮影会に。
ちなみに、前回訪問時(2009年秋)から違うのは、デハ104が方向転換を行っており、貫通運転台同士がくっつく形になっています。さらに、デハ104の幌が新調されたそうで(すごく綺麗でした)、少しずつ復活に向けて出来るところから…という印象が見受けられます。

イベント終了後、balt@さんをはじめとした上毛電鉄友の会メンバー3名とともに樋越駅そばのイタリア料理店「レストランカンティーナ」へ。ワインを2本空け(車を運転しないメンバー3人で)、ビザとパスタをたらふくいただきました。一人2000円で収まったかな。
(ちなみに、「上毛電鉄沿線ガイド」に、沿線のお店紹介が加わった上に、一部お店で使えるクーポンがついているそう。このお店では1500円以上の会計で10%OFFになるとのこと。結構おすすめです!)

5b01e24d.jpg

6bb4ea39.jpg

さらに、上電で前橋に戻ったあと、群馬県庁内で行われている「乗って未来につなげよう~上毛電気鉄道~」(31階)を見学。balt@さんが描いたビール電車のヘッドマークも展示されています。

~~~
今年は上毛電鉄の支援のお手伝いもしたいなぁ、とか思ったのですよね、久しぶりに。
幸いにして、5年前の時と比べるといろいろお手伝いするための下地というか、準備というか、そういうものが整ってきた気がします。今年は本気でそれを実行する年なのかもしれないなぁ、と。

2006年に訪問したときの日記(旧ブログのこの記事参照)を見返すと、2015年の公共交通を考える会の会長である佐羽さんにお話を伺っていますね、私(爆)。
あのときから、上毛電鉄とのつながりは少しずつあったんですね。
よく考えたら、2007年のカレンダー配布はほかでもなく私もスタッフ側にいるし(今思い出した…爆:ちなみにこの記事参照)、定期的にお世話になってるねぇ、ホント。

今年度は恩返しをかねて、もう少し本格的にお手伝いしたいなぁ、ホント。
まずは来年度こそ、友の会に入会する事だな(笑)。