さて、今回から突然ですがSimutransマップ開発記は新シリーズです。
前回の反省をふまえ、「開発を終えたらスクリーンショットを撮る」を頭に入れ、開発を進めて行くことにします。

…さて、どうなりますやら。
さて、決めなきゃいけないことが多数ありますね。

何か、架空鉄道として経営するなら「会社名」を決めなきゃいけないらしい。
今の私だと「Plume鉄道株式会社」とかほざきそうなので(爆)、落ち着いてから後ほど発表しますね。

まず、今回のマップですが、地形および都市の配置がこんな形に。
19ea170d.png
※ 拡大可能。

この地形のうち、北側にあたる大陸に産業チェーンが既に立地しており、その路線をつないで貨物輸送を始めるところからスタート。
このできた産業チェーンというのが「スーパーマーケット」なのですが、これが結構曲者だったりします。スーパーマーケットが必要とする商品は「ビールと缶詰と冷凍食品」なのですが(ある意味「酒屋」だよね…笑)、ビールはさらに穀物を必要とし、缶詰は肉と魚と鉄を、冷凍食品は魚と小麦粉と肉とプラスチックを必要とします。小麦粉の生産には穀物(小麦)が、鉄の生産には鉄鉱石と石炭が必要になり、プラスチックの生産には原油が必要になる。これらの産業施設が点在する越前薬師・比良の両地域を中心に専用線がたくさん必要になりまして(苦笑)。
それら産業を結んだ上で、接続が完了したところから輸送を開始するものの、駅設備に単価の高い駅舎を当初使ってしまったこともあり、あっという間に赤字に(苦笑)。ところが。

破産宣告が来ない。

様子を見ていたのですが、どうやら資金が赤字(債務を負った状態)でも、債務超過に陥らない限り(債務>資産)、経営は継続できるご様子。

ということで、バランスシートとにらめっこしながら路線を拡充、最初の産業施設類を一気に接続し、最後にスーパーマーケット(最終消費地)がある笠原まで路線を接続。貨物輸送と同時に笠原〜越前薬師〜比良を結び旅客輸送を開始。

43d624f7.png


そして、企業設立から数ヶ月で黒字転換達成(爆)。
ちなみに、これまでで最速かもしれない。

さて、ここからは現段階での都市の様子をご覧いただきましょう。
c16b1151.jpg
△ 越前薬師。旅客輸送はキハ122系などを使用中。

c600645b.jpg
△ 越前薬師北東に位置する油田、炭坑、製油所。
(ちなみに、最初に建設を開始する際に、誤って単価の高い駅を使用してしまった私…)

46e2a918.jpg
△ 北大陸南部に位置する笠原。おそらく南部への拠点になる…はず??

a5099ca7.jpg
△ 比良。現段階の旅客輸送はここまで。

875968a5.jpg
△ 比良付近の冷凍食品工場。貨物ターミナル設置候補?

0ecf2ca7.png
△ 清音北部を流れる河に接続された港。南大嶺の西にある海で捕れた魚を積み込む貨物駅。
(ただし、南大嶺まで鉄道が開業した際には、大部分を陸運に切り替え予定)

21d30319.jpg
△ 越前薬師と付近の製鉄所。駅の配置はおそらく今後適正化する予定。


今回、大陸が3つに別れた上に、うまい具合に大陸間に小さな島ができたので、笠原を中心都市にしてそこから放射状に路線を配置して行こうかなと思案中。

一応、現段階の路線構想はこんなところ(運行計画は未定)。
・笠原〜越前薬師〜比良〜清音〜南大嶺
・比良〜備後落合
・笠原〜美袋〜京橋〜矢川
・美袋〜越中山田
・笠原〜(新都市候補地1)〜加茂中〜西阿知〜木野山
・加茂中〜関ヶ原〜水野〜河原木〜遠藤野

とりあえず、現段階の会社名は「笠原電気鉄道」でしょう。略称「かさでん」ね(笑)。まだ電化区間ないけどさ。

今後の展開としては、
・とりあえず北側エリアの路線拡張&南側への延伸開始。
・主要幹線の複線電化開業
・貨物ターミナル駅の設置
あたりをやりましょうかね。

もう少しすれば全ての産業チェーンの接続も完了するので(鉄鉱石産出箇所2カ所が未接続)、終わり次第順次路線延長も図っていきましょうかね。出来るなら、早いところ811系の快速を走らせたい(笑)。
ということで、第2回をお楽しみに。