帰宅後、大方の予想通り寝ておりましたよ、私。

さて、この日記初登場となる「萌酒」のお話。
昨年からちょくちょくお伺いしている栗橋の井上酒店さんも加盟している「飛夢グループ」。「お客様のお酒のある生活シーンのお手伝い」を掲げて、さまざまな酒類の開発・流通を担い、加盟している小売店でブランド展開をしているのですが、その中のひとつに「萌酒」があります。
日本酒離れが若者の間で広がっており、「日本酒をもっと知ってもらおう」というための商品で、いわば「日本酒の入門編」のような商品。それぞれのキャラクターのイメージに合うお酒の味を開発しています。
さらに、それらのキャラクターには声優さんが声を当てていて、ドラマCDまで発売しちゃった、という恐るべき展開を見せています。

昨年6月にはドラマCD発売イベントが銀座・パセラにて、続く10月には「萌酒サミット」が秋葉原・UDXにて開催されましたが、今回はそれに続く第3弾。無謀にも(?)オールナイトイベントを開催しちゃおう!ということで、それに参加してきたのでした。
萌酒ナイトの会場は、東京・有明のディファ有明。格闘技好きにはおなじみですね。普段はプロレスなどが行われているこの会場を使って、イベントが行われました。
イベント自体は飛夢グループ(萌え燃えプロジェクト委員会)主催で行われたのですが、内容としては「萌酒イベントステージ」と「コスプレダンスパーティー」、「もえぐみ新年会」を適宜行う形でした。

21時30分過ぎに国際展示場駅(りんかい線)につくと、カートを持った女性がそれなりにいます。ということで、その流れに乗っていくと見えてくるのがでっかい建物と信号をはさんで反対から歩いてくる3人組。
まず、でっかい建物はディファ有明ではなく、別の建物だったよう。信号の先左手にあるのが本物のディファ有明でした(笑)。
そして、歩いてやってきたのは栗橋のガキ大将(爆)ことCoolJapanの主要メンバー2名(W君とT君)と、ちーむ・みなみのらぴさん。
話によると、どーやらゆりかもめ車内で東京タワーやレインボーブリッジが見えるたびに騒いでいたそうで。引率ご苦労様でした(笑)。
※ そーいえば二人とも成人だったんだよなぁ。忘れてた!

会場ではすでに多数の見知った顔の皆様が雑談中。そして、コスプレイヤー多数の中の男性陣って浮きますねー(爆)。

萌酒イベント第1部「カウントダウン」は23時30分からとのことで、早速萌酒カクテルをいただきながら雑談したり、萌酒利き酒コンテストを実践したり(結果はおぎんしかあたらず)と、イベント開始前から飲みまくってましたね。

第1部は天の声からの指令にとむりえシスターズ(声優4人組によるユニット)と水野なみさん(とむりえ役)が答えたり、カウントダウンとともに鏡開きをしたり(後に振舞い酒として配られました)、クイズ大会があったり、といった内容。特記事項としては、

・初恋話で初恋は二次元です!という発言が出た
・カウントダウンがちょっと怪しかった(カウントはあってたと思うけど、会場のスクリーンの文字がおかしかった…残念)。
・クイズ大会の成績はそこそこ(とむシスのブログからの問題に答えられなかったのが悔しい。あと、ちゃんと予習しとかねーとなぁ)。
・最後にばら撒かれたおみくじを拾ったら小吉。開くとそこにあったサインは北川まあこさん(とむシス)でした。個人的には当たり(笑)。

ステージ第1部の後はとむシスと水野なみさんを交えての新年会。
「萌萌福笑い」(萌酒キャラの福笑い)やビンゴ大会などで楽しませていただきました。ちなみに、ドラえもんの格好のW君の方が安心して楽しませていただけます。あと、そういえばあの時ジョニーさんじゃなくてアントニオ猪木っぽい人がいましたね。
(写真はそのうちどこかに載るでしょ)
水野さんもそうですが、とむシスメンバーも栗橋の件についてはうわさになっているとのこと。2/13のイベントではとうとう全員集合になるそうなので、初来訪のはらまいこさんの第1印象が気になるところ。

ステージ第2部(午前4時!)は「だるまさんが転んだ」ゲーム大会。会場端からステージにいるとむシスと握手できたら景品(うまい棒)ゲット!
…だるまさんがころんだをやっていて気づいたのは、「相手の声に反応して移動しなければいけない」ってのが演劇のワークショップを受けてるみたいだったなぁ、と実感(笑)。
いただいたうまい棒は、このブログを書いている間になくなりましたとさ。

第2部終了後は、寝落ちしていないメンバーの多くでジェンガ大会に(ちゃんと進行できず申し訳なかった)。なぜか意外と白熱するんだなぁ。恐るべし!

といった具合で、気づけばジェンガをやっているうちに夜が明け、お開きの時間に。使っていたスペースの片づけをして、万歳三唱でお開きとなりました。

おかげさまで、帰りのゆりかもめの時点で眠気が襲ってきたところから始まり、何とか寝過ごさずに帰宅するも、そのまま布団天国でそのまま夕方までまったく起きられなかったのでした。

とむシスメンバーの4人とはこれで何らかの形でお会いしたことにはなります。
よく考えてみたら、萌酒サミット(10/24)で栗橋商工会の売り子をしていたときに北川さんがブースのお手伝いをしていただいて以降、なんだかんだで月1回お会いしているなぁ、と気づいた私。
おそらく、今年もこんな調子なんだろうなぁ、と思っていますよ。

次回のとむシス関係のイベントは2/13、栗橋にて。すでに仕事は意地でも入れない体制を整えました(爆)。今年はこんな調子で、鉄道趣味より比重が高くなっていきそうですねぇ。この手のイベント。
まずは、深夜帯のイベントというハードな企画に無事耐え切った皆様に、感謝の意を述べて、この項をまとめたいと思います。お疲れ様でした!