今日は使い物になっておりません。やはり休暇を取るべきだったか…と思っております、私。

昨日は埼玉・栗橋で「栗橋みなみ夏祭り」が行われました。
私、スタッフでした。

…ええ、第2部の中で柿沼実行委員長がおっしゃっていた「ファンがスタッフに…」といううちの一人が、私なのでした(他にもいるけどね!)。
※ もっとも、本職との関わりでスタッフとして参加できた、というのはありますが。

簡単にご報告を。
ちなみに、写真をすっかり取り損ねてしまったので(あるのは、福楽のブースの写真だけというww)、写真は他のサイトのを見て補完してくださいね(なんと投げやりな…)。
まあ、前日設営から手伝う関係で、27日は栗橋に滞在となりました。
(井上酒店をはじめとした皆様、本当にお世話になりました)

…で当日。
私、朝7時過ぎに会場入りしたのですが、既に若干名並んでいらっしゃいました。暑い中、ありがとうございます…。まあ、昨年同様に、比較的余裕のあるイベントだったかなぁ、とも思っていますが。

1階では栗橋の商店並びに三陸鉄道、銚子電鉄、埼玉県立歴史と民俗の博物館、鷲宮商工会、昇仙峡ロープウェーの各出展者による物販ブースが置かれ、2階では鉄道模型並びに鉄道むすめの展示、ならびにコンテスト類の応募作品展示が行われました。また、ホールでは声優や三陸鉄道の方に寄るトークショーが、屋外では久喜協業高校に寄るミニ電車の運行と盆踊り、限定商品販売が行われました。

まずは1階。地元・栗橋の商店を中心とした物販ブースです。
すっかりお馴染みの井上酒店や、最近にわかにチャーシューがブームになりつつある福楽(ちなみに、鷲宮にあった福楽とは親戚の関係に当たります)、それと斉藤茶店、ハーモニー、島野時計店、酒井石材店の各店舗が出展。オリジナルグッズなども販売されました。
また、今回は「栗弁」を販売。栗橋発のオリジナル弁当を!と言うことで、福楽さんが50個限定で制作、販売したものです。あっという間に売り切れてしまったみたいですね。
一方、そのほかの出展者は今回のイベントのメインである三陸鉄道を中心とした「鉄道むすめ」に関連のある事業者とお隣の鷲宮商工会。多くの方でにぎわっておりましたよ。

続いて2階では鉄道模型と鉄道むすめ関連の展示。
鉄道模型(中央から左側にあった大きなレイアウト)は地元の有志の方の協力による展示、鉄道むすめフィギュアとコンテナの完全展示は、鉄道むすめファンの方による展示です。
…昨年の展示の際に、トミーテック担当者が驚いたという完全展示、今年も行われました。

その横にあった、栗橋駅をメインと下ミニレイアウトも栗橋に良く訪れるファンの方による展示。
昨年もそうでしたが、2階の展示に関しては特に栗橋に良く訪れる鉄道むすめファンの皆様のご協力が必要なコーナーなのでした。ご協力いただいた皆様に御礼申し上げます。
ちなみに、2階ではイラストコンテスト、栗弁アイディア、駅名ラリー達成者展示、そして6月のチャリティイベントでも展示した鉄道むすめゆかりの方(イラストレーターの宙花こよりさん、そして鉄道むすめゆかりの声優の皆様)のメッセージ色紙、そして昨年の夏祭りの様子を紹介したテレビ番組の映像も流していましたよ。

ホールでは13時からトークショーが行われました。私はそちらのスタッフとして、進行管理をしておりました。

第1部では鉄道むすめゆかりの声優の河原木志穂さん(京成電鉄・中山ゆかり役)、下屋則子さん(鉄道整備・平泉あおば役)をお迎えして「栗橋のことを知ってもらおう!」ということでクイズ大会を中心に、第2部では三陸鉄道の方と栗橋みなみ実行委員長、河原木さんをお迎えしてのトークディスカッションを行いました。
そして、司会は地元・栗橋出身で栗橋みなみ街おこし企画の発起人の若林福成さんと、三陸/釜石出身の新人声優、平野恵里佳さんが担当されました。地元栗橋の若者と、三陸の若者が司会進行を担当する、という成人式みたいな組み合わせですが(笑)、いい組み合わせだったんじゃないかなぁ、と思っていたりします。

第1部のメインコーナーは「栗橋百景クイズ」(若林くんは噛んでましたね)。
コンテストの応募作品を元に、栗橋の意外な場所を知ってもらおう、と言う試みです。あのいとしのエリーの石碑、本当に実行委員始め、役場の方も知らないそうでして。
そういう意味でも、よくぞ見つけました!という場所でもありました。

ちなみに、イラストコンテスト表彰式やじゃんけん大会等も行われ、あっという間の前半1時間が過ぎていきました。
(タイムキープしてると、内容って意外と覚えきれないものね…)

後半戦。第2部では三陸鉄道の金野淳一さん(鉄道本部長)と金野安理さん(南線アテンダント)、栗橋商工会の柿沼氏、そして河原木志穂さんをパネラーとしたトークディスカッションが行われました。
司会は引き続き、若林くんと平野さん。

三陸鉄道の被災時の状況〜現在の復旧状況のお話から始まり、栗橋商工会や三陸鉄道で鉄道むすめを用いた活性化の取り組みのお話等もお伺いしました。
個人的に、河原木さんと平野さんを御呼びしてよかった!と思ったのは三陸地域の現状報告のお話。
金野淳一さんから被災状況や現在の復旧状況のお話を伺ったわけですが、河原木さんや平野さんも三陸にはゆかりのあるお二人だったわけですね(実行委員としては織り込み済みなのですが:笑)。
河原木さんはこのGWに少しお手伝いに(釜石に親戚が居るんだそう)、平野さんは8月のお盆のときに帰省して現地の様子を見て来ていらっしゃいます。
その中で、河原木さんが涙ぐみながら発言している姿や、平野さんの地元の人だから言える言葉だったり、そういう「生の言葉」が聞けたのはよかったんじゃないかな、と。
三陸鉄道に関するお話をもっと聞きたい、なんて感想もいただきましたが、少しでも「今の三陸鉄道」をお伝えできたなら、よかったかなぁ、と思っています。

盆踊りは片付けの合間に見ていただけですが、昨年より実際に踊る方が少し増えたような気がします。今年は「栗橋音頭」と「よさこいソーラン節」の2種類だったのですが、個人的には栗橋音頭を少しずつ覚えてほしいなぁ、と思ったりします(笑)。
ちなみに、外には飛び入りで鉄道むすめのイラストを施した車(しかも個人所有!)も展示されていましたよ。

そうそう、「鉄道むすめPLUS01 栗橋みなみ限定版」は引き続き販売しております。売れないとたぶん、来年の栗橋みなみ夏祭りの資金が溜まらないと思うので(実は切実…笑)、ぜひぜひご購入のほどよろしくお願い致します!

そんな夏祭りだった訳ですが、トークショーは昨年とやや趣向を変えてお届けしてみましたがいかがだったでしょうか?
個人的には平野恵里佳さんがいい活躍をしていただいていたかなぁ、と思っていたりします(笑)。

そんな栗橋みなみ夏祭りでした。
できれば、たまには普段の栗橋にも足を運んでみてくださいね。

【おまけのリンク集】
栗橋商工会公式サイト
河原木志穂さんブログ「さやけき影と、漫ろ歩き」(感想等が載ってます)
河原木志穂さん公認ファンサイト「春のはつ花」(近々、何かあるかも?)
平野恵里佳さんブログ「はてなてーなブログ」(感想などが載っています)