とむりえアナザーストーリーイベントの2日目に参加するべく、自宅を出発する直前に飛び込んできたのが、このツアーバスの事故でした。まずは、不幸にして事故に遭ってしまった皆様にお見舞い申し上げるとともに、お亡くなりになられた方に、心より哀悼の意を表します。

さて。
個人的にはツアーバス自体は昔から存在を知ってはいたのですが、いろいろな事情があって昨年秋まで使うことはありませんでした。その事情を書き出すと、

・公共交通機関を応援する立場である以上、(そのライバルである)ツアーバスに乗車することは信条まかり通りならん!
・利用時における不安要素が極めて高い。

ただでさえ心配性の私(小心者でもある)。ツアーバスに関する報道を昔からちらちら見ていた身としては、あまりお勧めできる交通手段じゃない、と思ってるんですね。
(公共交通機関に属する「路線高速バス」が全く事故を起こさないとは思わないのですが、信頼はすごく置いていたりします。安全に対する意識の強さは、路線バス会社のほうが上であるような気がしてならないのです)

まあ、個人的に2回使っただけですが、その2回でトラブルに見舞われたら辛抱溜まらん!というのもあるんですが(苦笑)。個人的考察を含めて、書いてみようと思います。
○ツアーバスと高速バスの違い
私自身は楽天トラベルでツアーバスを使っているのですが、予約を取るときに「商品形態」の項目を必ずチェックしています(楽天トラベルによる分類)。

ツアーバスは「募集型企画旅行」、高速バスは「乗合(一般乗合旅客自動車運送事業)」ということで、契約の時点で大きく異なります。当然、契約の際に交わされる書面も異なります。
つまり、この時点で「ツアーバス」と「高速バス」は似て異なるもの、ということになります。
(違う!という話があればご一報を。あと、最近の法改正ででてくる「新高速バス」の扱いは未だに良くわかってない…)

そして、当然それらの契約時に交わした条件のもと、それぞれのバスに乗り込む訳ですね。
(基本的に、ツアーバスでは「旅行業約款・旅行条件書」が、高速バスでは「運送約款に基づく乗車券」がそれぞれ渡されます。それらが契約書類になります)
あとは問題が起きた場合でも、それらの条件によって事態解決が図られます。

○ツアーバス経験談その1:2011年10月、横浜→岡山の例
急遽予定変更になってしまい、ツアーバスを利用することになったのが昨年の秋。
このときは横浜23時00分発、岡山08時30分着予定でした。

で、受付の担当のひとに名前と乗車予定の便を告げて誘導されたバスが違っていたんですね。たまたま乗り間違いを回避できたのは、知人が私の乗車予定のバスそのものの準備をしていた(座席表貼ったらしい)ことで間違いが判明、再度確認したらそのバスに誘導される、という始末。
…そこから既にドキドキですよ。
そんな段取りなもんで、バス自体も20分くらい遅延して出発したんじゃなかったかな。バスの運行自体は大きな問題もなく、約30分遅れの9時に岡山到着。

このときに思ったのは、「ツアーバスは遅れるんだな」ということ。
路線バスに比べると運行スケジュールがややタイトな気もしていたのでやむを得ないかなぁ、とも思ってるんですけどね。大きな実害も無かったので、まあよしとしよう、と。

○ツアーバス経験談その2:2012年4月、岡山→東京の例
2回目は予算不足と時間的な都合でやむを得ず選んだわけで。
前回と違う主催会社に手配し、岡山23時20分→新宿08時30分予定の便を選択。

これがね、さらにひどかったんですね。バスの受付もスムーズで、「案外やるじゃん」とか思ったりしていたのに、ですよ。
帰りは体力的にキツかったのでほぼ寝ていたのですが、午前4時半過ぎに目が覚めまして。本来なら伊勢湾岸か東名高速を走っている時間なのですが、道路の様子がおかしいんですよ。…あり得ないところ走ってる!と直感しまして。
そして、四角いトンネルとか通過して気づいたのが「吹上」という地名。…ここ、名古屋高速なんですね。最初は事故で迂回運行かなぁ?まあ仕方ないよね、とか思っていたのですが、高速をおりまして、このバス。しかも、添乗員さんの話がなんかおかしい。
…で、午前5時に名古屋駅到着。お客さんが乗ってきました。添乗員さん謝ってる。

その後、東名のSAで休憩後、利用者に対する状況説明が行われ、利用者の一人を前の休憩地点で置いてきぼりにしてしまい、後続バスに名古屋駅まで送ってもらい、そこから再度乗車していただくために引き返したため、大幅に遅延している、との説明。
私自身は想定しているのでいいんですが(8時半着って、渋滞のピークじゃん、とも思ってたw)、当然8時半に着いたら10時から活動出来ると思いますよね。お客さんの中にはホントお怒りの人も多かったなぁ。お詫びということでお茶の差し入れが。
結果、横浜駅からJRに乗り換える方は運賃負担します、などで話を収めていました。
ちなみに、私自身は新宿まで乗りました。新宿着が朝10時半。

○高速バスの利用時は…?
今年に入って、高速バスはJR系のものに都合4回乗車してるんですね。4回とも定時より遅れることはほぼ0。遅れていたとしても数分以内なので「お見事!」と思っていたりします。
過去の経験でも、30分以上の遅延を経験したのは1回だけ(東京〜新宿間の渋滞で、そこだけで1時間以上遅延していた)。下手すると20分くらい早着していて「睡眠時間が…!」ってことのほうが多かったですね。
利用回数は20回以上あるので、それを考えると、個人的経験談から言うと「ツアーバスは心配」ってなっちゃうんですよね。2回中2回ですもの…。

○個人的には…
個人的に、これからも多分ツアーバスはよっぽどの理由が無いと使わないだろうなぁ、と思うのです。過去の経験が、どうしても信頼感がある高速バスを選んでしまうのです。
一つだけ思っているのは、「WILLER」はどうなんだろう?と。
ツアーバスの中でもおそらくブランドとして確立しつつある会社ですし、その辺りの信頼性はあるのかなぁ?なんて思っていたりしますが。乗ったことが無いので、何かの折りに一度試してみたい、とは思うんですけどね。

個人的には、「信頼できる移動手段」であることがすごく大事だと思うのです。
値段の高い安いに関して言うと、「ユーザーが求めている内容」に対して、対価が安くすむかどうか?によって選ぶのは基本だと思うので致し方ないと思うんですね。で、その価格に関しては売り手が責任持たないといけないと思うのです。人の命を預かる事業で「安かろう悪かろう」はいけないと思うのです。
そういう点に置いては、やはり過当競争だよなぁ、とも思っていて。じゃなかったら東京〜岡山4500円っておかしいもん。

…そういえば、うちの会社で「ツアーバスと高速バス」の違いを知らない人も多かったもんなぁ。
事故の件はしっかりと原因と、現状のゆがみの是正まで踏み込んでほしいなと。現場の人、利用者の命を守るためにも…ね。